沿革

1910年

名古屋市中区に履物問屋「林商店」を創業。

1935年

国内自動車産業の黎明期にその重要性・発展性に着目。

嚆矢として天井用生地2反を納入し、自動車業界に参入する。

1947年

「株式会社林テレンプ商会」を創立。

1953年

東京営業所(現:東京支社)を開設。国内ネットワーク構築への第一歩として、関東地区に拠点を置く。

1956年

商号を現在の「林テレンプ株式会社」に変更。

1958年

笠寺工場(現:名古屋工場)を設立。製造分野に進出する。

1964年

豊田工場(現:本社工場)を設立。現在に至る生産・品質保証体制の中心拠点として機能。

1967年

インテリア・貿易部門を分離・独立し、林物産株式会社を設立。

1979年

技術研究所を豊田工場(現:本社工場)敷地内に設立。研究開発体制を一層強化する。

1983年

C.H.マスランド社と業務提携し、米国にマスランド・ハヤシ Inc(旧:アムテックス)を設立。海外進出への足がかりとする。

1991年

IT・情報システム部門を分離・独立し、株式会社ハイテックスを設立。

1992年

ハヤテレ九州を藤津郡塩田町(現:嬉野市)に設立。自動車メーカーの生産拡大・分散に対応。

名都美術館を愛知郡長久手町に開設。

1994年

タイにHTTを設立。自動車業界のグローバル化に対応。

1997年

自動車部品におけるデザインの重要性に着目し、業界に先駆けてデザイン部門を設置。本格的にデザイン開発業務を行う。

オプト事業部を設立。民生品を含めた光学製品(光散乱体)等の開発・生産を始める。

2002年

内装部品事業本部がISO14001認証規格を取得。

2004年

中華人民共和国に広州林駿汽車内飾件有限公司を設立。中国市場の成長性に着目し、更なるグローバル展開を図る。

2005年

QS9000認証規格を、ISO/TS16949に拡大して規格認証を取得。

オペレーションセンターを開設。

2006年

資本金を10億円に増資。

2008年

ハヤシ・カナダ・インクをオンタリオ州ストラトフォードに設立。新たな北米展開として、カナダへ進出。

中華人民共和国に武漢林駿汽車飾件有限公司を設立。

2010年

東京支社を横浜市港北区へ移転。

和光テキスタイルオフィスを東京都板橋区に開設。

2011年

アムテックス・アラバマ工場をアラバマ州ジャスパー市に設立。

ハヤテレ東北を岩手県一関市に設立。

アムテックスとハヤシオブアメリカを合併。新社名「アムテックス」北米事業体のより一層の体制強化を図る。

2012年

アムテックスを「林テレンプノースアメリカ」へ社名変更。

2013年

太田営業所を群馬県太田市に開設。

林テレンプノースアメリカ「ケンタッキー工場」開設。

2014年

広島営業所を広島県広島市に開設。

2016年

福岡事業所、ハヤテレ九州福岡工場を福岡県宮若市に開設。